スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【PSP】ミクの可愛さは異常

で、格ゲーが苦手なのに対して(前回の続き)
音ゲーはすこぶる得意なさっちんである

基本、覚えてしまえばクリアできるしね。
(物理的に押せないようなリズムや速さは別として)
ボタンやキーの押すことさえ可能なら、あとはリズム感さえあれば何とでもなるし。
幸か不幸か音感にだけは恵まれているので。多少難しくとも何て事はない…!


ということで『Project DIVA』

IMGP1332.jpg


あんまり初音ミクの曲知らないけども、思いのほか楽しめそう

XBOX版のアイマスやらドリクラやらと比べるのは可哀相かもしれませんが
PSPというハードを考えれば十分すぎるほどに見られるレベル
少なくとも某動画サイトでMAD作るには十分な出来。




むしろ自前のMP3と好きな振り付けを組み合わせるエディットモードがある時点で
MAD作ってくれといわんばかりの仕様なので。
そういう趣味のプロデューサーも触れる必要はあるんじゃないだろか。



まぁ少し楽しんでみます

スポンサーサイト

格ゲーと音ゲー

2D対戦格闘ゲーム『BLAZBLUE(ブレイブルー)』


のWEBラジオ番組『ぶるらじ』をBGMに楽しんでます。

喋ってるヒトが
杉田智和@銀魂的な意味で。あるいは変態的な意味で。
今井麻美@アイマス的な意味で

かなりツボな人等なので。思わず視聴

→思いの外バカでツボった。


声優・杉田智和の思考・言動が限りなくオレ等なので。
(言ってる意味はなんとなく察してください)

かけあってる連中も中々にステキな会話くりひろげていて宜しい。というかこの女性陣ガチです
(意味は解らないほうがいいです 聴けばわかっちゃいますが)




杉田ボイスに酔いつつ、ゲームはスルー(マテ

…ごめんね、さっちん格ゲーってトップクラスで苦手なの。
ゲーム自体は面白そうだし、主題歌KOTOKOだったり、やっぱり杉田だったり時々ミンゴスだったり
心の琴線くすぐる要素が多いだけになぁ………  どうしようか思案中。




でも、とりあえず明日(今日)は『Project DIVA』で。
ミクかわいいよミク


【BALDR】没入中

プレイ時間30時間近くいって、まだ1/3はストーリー残してるってどーよ?


てことで『BALDR SKY Dive1』
物凄く長くて楽しいです。
エロゲでありながら、テキスト量だけで一般的なソレを凌駕しつつ
そんじょそこらの家庭用ゲームじゃ歯が立たないレベルでのやりこみを必要とします。

だからといって分割商法を許していい、って訳じゃないけど。


とはいえ、半分でも圧倒的なボリュームとゲーム性――特に後者に限っては――他の追随を許さない出来なので。ゲームとして楽しめるエロゲは稀な分、クオリティに疑問が残ることも多いですが。この作品は◎つける内容ですよ?

コレと並んで遊べるエロゲがあるとすればアリスソフトのSLGくらい?

ゲームシステム的には前作『FORCE』と同じだけども、細かい修正や変更があるので
前作を極めた人(例えばサバイバルモードの大会で全国トップクラスになるような人)でも、調子に乗ってHARDモードを成長してないLV1の使いにくい武器オンリーで特攻すると痛い目みます。

逆にゲームが苦手な人はEASYモードで始めましょう。難易度がエンディングや分岐に左右される事はないから安心。


ストーリーも前作同様、純粋な面白さと中二臭さ溢れる設定の混在状態だから。
普通にノベルゲームとか、ギャルゲ好きな人にも受け入れられる内容ですよ漢字に無理やりルビつけるライトノベル丸出しテキストだけど。

例)
非合法=イリーガル
脳死=フラットライン
凄腕=ホットドガー(笑)
超電磁砲=レールガン
幻想殺し=イマジンブレイカー(笑)


最後の二つは明らかに違うけど、まさにそんなノリのテキストです。無理してカタカナにする必要あるのか?って単語もちらほら………って全く褒めてる文章じゃないですよねコレ




いや面白いですよ?間違いなく標準より↑いってるし、心から面白いですよ中二設定だけど。

【JOJO】なんとも奇妙な

IMGP1254.jpg
『JOJOの奇妙な百人一首2(ドゥーエ)』をPLAYしてみたよ!

諸所の事情により友人から譲り受けたこのブツ、はじめて封を切ったのですが。
プレイしてビックリ、この↑なく楽しい、その上で恐ろしいゲームでした。
いわゆるカードゲームでここまで叫びたくなるのも稀ではないかと。

ところで、このゲームの元ともなった本来の小倉百人一首。
あれも中々に知的でいて反射速度がものをいうゲームですよね。
なれた人だと「決まり字」まで読んだ時点で札を取っちゃいますし。
※例:上の句「あきの」 の時点で、「わがころもでは つゆにぬれつつ」を取っちゃう。


とはいえ、素人さんにはそんな芸当は出来ないですし、句も似たようなのが多くて難しい。
本来の百人一首はそのはずなんですが
このゲームでは素人が一回プレイした時点で軽い上級者の域に達します。
この点が本来の百人一首にはない恐ろしさ、かと。


ワタシ自身も1ゲーム目は、どんな札があるのか誰もわからなかった状態なので、
必然的に下の句まで読むことが多かったのですが、2ゲーム目をプレイした際には



読み手「2..3.」

バシィィッ!
「『素数』を数えて落ち着くんだアァーーッ!!」



読み手「デザートはプrスパァン!
「ンまぁ~い……」



「その次のつぎグロリアのぶんだあああ――――ッ


という展開になります確実に。
なのでこのゲームをプレイする際には、騒いでも文句言われない場所が必要です ―――これマジで。


「アリ(略  とか 「ボラ(ry   なんてのは0コンマの世界での争いが必至。
そんなスピード感と、バカさに満ち溢れた、素晴らしいゲームでした。



第一部~第三部が収録された百人一首1(限定販売商品なので、オークション等が必要)
本気で買おうと思うくらいには、楽しいw

【BALDR】前回紹介した積みゲームを放置して


『BALDR SKY』

さっちん史にいて、『FORCE』が最高傑作として位置づけられているのは間違いないので。

今回もいいものが出来ると俺は信じてる…

分割商法の時点で既に不安ですが(ぉ




当時はバカみたいにやりこんでHOW TO 攻略 的な記事を作成するとか
(当時はwikiとかなかったしなぁ… かといって攻略本出るようなジャンルでもねぇし)
「●<オニチャン、キテ!!!」を発端にまきいづみ時空について旧友と3時間くらい語り明かすとか
どっかの大会じゃランキング上位に名を残すというアレな事もしたっけか。

流石に今、その領域まで辿り着く体力があるのかはわかりませんが。
(つか、オレが書かなくても掲示板で攻略情報とか見れるよね?
 攻略wikiとか誰か作るよね?俺何もしませんよ?


そもそもがPCの前でしっかりゲームできる時間が少ないんで。
まったりと。没入(Dive)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。