スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月14日は何の日?

その日はね。

西暦269年、バレンタインという名前の司教サマが。
人々が自由に結婚が出来ない法令に反対し
処刑された日なのです。


うん、チョコレートどこにも関係ないですね。

=========================

で、話変わって入手してから結構やりこんでます。

『DISSIDIA』

ファイナルファンタジーシリーズは4以降しか知らない
(ついでに言うと11以降も知らない)ヒトですが。

それでも●学生時代や▲学生時代にクソ程遊んだ記憶と、
最新鋭のCGと3Dアクションとが融合して、いい感じに心の琴線に触れてしまいますた。


たとえば『Ⅴ』の主人公バッツが「すっぴん=どの武器・アビリティも装備可」な設定を活かして
バスターソード(Ⅶ)とガンブレード(Ⅷ)で“にとうりゅう”したり。
(加えてBGM:ビッグブリッジの死闘な。このBGMだけは何年経ってもガチすぎる)

セシル(Ⅳ)が「あんこくきし」と「パラディン」を状況に応じてチェンジしながら戦ったり
(原作では闇の力捨て去ってからは、戻りたくても戻れなかったことを思うと…!)

「ウボァー」が声付き(CV堀内賢雄氏)で再現されてたり。



そう地味にキャストが豪華なのもオタ的にはヒットですね。
声優オタでなくとも、映画とか子供の頃みたアニメとかで聞いた声ばっかりなんですが。


始めは所詮キャラゲー あるいはFFのファンディスク程度と思ってましたが。

キャラゲーのレベルはとうに超えて、ファンディスクとしても極めて上質の仕上がり。
ついでに対戦型アクションRPGとしてみると別次元の神ゲー
時間があるヒトなら余裕でプレイ時間3桁いっちゃう、恐ろしいゲームなのだわ…

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。