スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【以下略】ヒラノ天才じゃね?

『SLAM DUNK』『バガボンド』で有名な井上雄彦せんせーは、物凄く「上手い」と評します。
『ワンピース』の尾田せんせーもすんげー好きだし、話の作り方や見せ方が物凄く「巧い」と感じます。







20090513.jpg

『以下略』 平野耕太

どうしてかな、このヒトと許斐剛を評するときは「天才」という言葉を使いたくなるんだが。

そんな天才・ヒラノが描く漫画。雑誌読んでないのでいろんな期待をこめて読みましたが………



………やっぱり天才すぎるな。



早い話が、『HELLSING』のカバー外したアレのノリえんどれす。
あるいは『電脳研』のソレをより酷くした感じで。

明らかにゲーム雑誌の漫画として取り扱っちゃいけないネタ満載だし、
出てくる人間みんなクズだし。ブラックジョークと悪乗りで見てるこっちが悪酔いするような内容。

でも面白いと感じるのは内容がオレ達オタクの普段の会話となんら変わらないからなんだろーなー


ちなみに、作中の日常会話は
“さっちんが徹夜でマウスクリックし続けてエロゲコンプした時の涙と汚物まみれのティッシュにまみれたまま朝寝て、眼が覚めた後そのままの開放感でたまり場行って、ビール煽って、くだらない会話が出来る親友とその作品についてひたすら語る時”
くらい異次元のテンションです。

365日呼吸をするようにそんな会話が出来る、その程度の才能がボクもほしいです

スポンサーサイト

コメント

右下の平野顔(弱)がすげぇwwwww

っていうかそのテンションはwwww
キwwwwティwwwwーwwwwガwwww○wwwwのwwww域wwww

はは何を言っているのですかオタクの会話なんて得てしてそういうモノじゃないですかっ

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。