スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アイマスツアー】THE IDOLM@STER 4th ANNIVERSARY(長いので略)

略さない正式名称:THE IDOLM@STER 4th ANNIVERSARY PARTY SPECIAL DREAM TOUR’S!!

東京いってきたー!帰ってきたー!なんかいろいろとありすぎたー!
つかツアー名長いよ。
しかし、ここ最近は

・名古屋公演→ローソン名誉店長
・大阪中止→代替決定
・続編決定
・まさかのDS
・東京公演
・ライブでの新キャラ決定&登場

と怒涛のように新しい情報流れ込んできてプロデューサーさんもう大変です。
とりあえず誰が得するのかわからないチラシの裏的なライブ雑感などを↓


 【WARNING】

 以下、訓練されたプロデューサーの相当に痛い発言が予想されうるので
 覚悟のある方のみ続きをごらん下さい

 【WARNING】

・中村先生@春香の中のヒト
……えりりん流石です。
どう贔屓目に考えても、天才です。本当にありがとうございました。
全体的にみても、普通にMCとかうまかったし、盛り上げるの上手だったと思います。
…うん、得意不得意は誰にだってあるさ!(ぉ


・アッキー@星井美希
新曲『ショッキングな彼』の発売はまだですか!?
アッキー素敵です。


・平田さん@真
『迷走Mind』はMAシリーズでも屈指のカッコよさなだけに、
中のヒトのハスキーボイスもあって素晴らしい曲であった。
つか、新曲『自転車』が真らしすぎてヤバい。大塚愛とかそういう系統にあるような
「アイドルの曲」って感じすぎて、サイコーです


・ぬーぬー@なんくるないさー
トランス系の曲でライブ盛り上がるのかなーとか不安はあったのですが
実際には聞き惚れるような『Next Life』。音響コンビはやっぱりスゲーや…

真・響のユニットでの『relations』もいいよなーとか感じつつ。


・若林神
見た目から声からすべてにおいて律っちゃんでした。これが声優の本気…!
『いっぱい いっぱい』は盛り上がり易い曲ですね。ディ・モールト


・たかはし智秋@嫁の声あててるヒト

全宇宙で初めて『Mythmaker』@三浦あずさ 公開

それが至上の喜びであり、この感情はいままで存在しない概念といっていいほどのもので
要するに言葉にできない。

智秋さんマジかっこよすぎる…抱いて星井の



『隣に…』


 言 葉 に な ら な い 



・ジュリーザ様(会場にて命名)@事務と妄想などをしてるヒト
『隣に…』がガチで殺しにかかって泣かせる曲だとするのならば
音無さんの『空』はじわじわときていつの間にかほろりと涙するような曲だと思うんだ!
会場でなんか泣きそうになってた俺が言うから間違いないよ!?
緊張してたっぽいけど、それでもキレイな歌でした。


・253(753風に)@やよいっち
確実にもっとも飛び跳ねた曲。
フレーフレー 頑張れ さぁ行こう!フレーフレー 頑張れ 最高!!
ああ、やよいは可愛いなあ!




・ミンゴス@72cm
・はらみー@90cm
この二人はガチ

『目が逢う瞬間』・『arcadia』 どちらも難しい曲を普通に歌いこなすし。
生演奏のノリみたいなのって少なからずあるんで、多少音とかズレてもノリで何とかなるもんですが。
このヒトの歌ブレねぇ…!
このヒトの歌は普通に好きすぎて困る。俺にはあずささんがいるのに

はらみーというか貴音は作中ではクールな女王様キャラを演じつつ素顔は可愛い女の子なもんだから
かわいい歌・かっこいい歌 どっちもイケるという歌唱においてチート的キャラな訳ですよ。
持ち歌である『フラワーガール』は勿論のこと、『My Best Friend』までやるもんだから、
ああ、今日の貴音ちゃんは可愛いなぁ…   とか思ってたら

千早と『蒼い鳥』をデュオでやるというサプライズなミラクル。

『蒼い鳥』て千早=ミンゴスのソロ というのがお約束であっただけに。
新人でありながら、この難しいガチガチのバラードSONGを歌うはらみーに歓喜。というか結婚してくd
ダメだって俺にはあずささんという運命のヒトが

 「あなたを忘れない  でも昨日には帰れない」

はらみーが1コーラス歌いきった時とか、会場からは自然に拍手が沸いた位だし。
さっちんは何秒か息するの忘れるくらい、二人の世界に没入してしまう


この二人の蒼い鳥だけはCDないしDVDないしBDでもいいんで高音質(できるなら+画質)で
もう一度堪能したいものです  ―――とりあえず二人でMADでもつくるか(何


新人三人(一人はビデオ出演)とかいろいろな情報とかは各種情報サイトに丸投げしつつ


最新作と、披露された新曲と、今後も広がり続けるであろうProjectIM@Sに期待しつつ、

『THE IDOLM@STER』で始まり、『THE IDOLM@STER』で〆るという素敵な時間でした。




関連:
たるき亭:最新作のPVが
電撃オンライン:アイドルのアップ写真がないのはいただけない
電撃オンライン(DS情報)
ファミ通:声優は遠目にしか撮っちゃダメだったのかね…
他多数あるので、各種ニュース興味があるなら見るもよし
アイドルマスターDS公式:全国のPは秋まで全力待機



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。