スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えいがー

HNKで『MUSIC JAPAN アニソンSP』を見ながら>挨拶
しかし酷いな! 観客のノリがまさに俺じゃないか




閑話休題。
劇場版 仮面ライダーディケイド & シンケンジャー』の感想を一言で





             /)
           ///)
          /,.=゙''"/
   /     i f ,.r='"-‐'つ____   こまけぇこたぁいいんだよ!!
  /      /   _,.-‐'~/⌒  ⌒\
    /   ,i   ,二ニ⊃( ●). (●)\
   /    ノ    il゙フ::::::⌒(__人__)⌒::::: \
      ,イ「ト、  ,!,!|     |r┬-|     |
     / iトヾヽ_/ィ"\      `ー'´     /


ほんと、突っ込みどころも不満もいくつかありますが
そういうのをすっ飛ばして、歴代仮面ライダーかっこええ!!!
な感じで。それだけで満足できる内容でしたw


シンケンジャーは3D映画で鑑賞。
話はいつもの劇場版戦隊ということで、そつなくまとめてますが
オールライダーに時間かけすぎた所為か例年よりもずっと短かった気が…
あとは3Dの特性が、実写では活かしにくかったかなぁ……と。

3D映画自体はみてて楽しいものだし、
ディズニーとかの元が3Dアニメな作品とかだと、すんげー相性いいんですけどね!


でも、飛び出すモジカラとかはやっぱり観ててキレイだったし。
戦隊でもライダーでもCGで戦うシーン(ロボとか特に)増えてきてるし
3D×特撮の組み合わせは、今後に期待でしょうか?


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。