スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑いあり涙ありのドタバタ映画  のような小説

最後にラノベ以外の作品を読んだのが何ヶ月前か思い出せない
そんなバカですが、読むときは読みます。

『王妃の館』 浅田次郎

かーなーり、面白かった。

うん、友人に勧められて手に取ったわけですが
アタマ空っぽに近い軽いテンションで読める、にも関わらず〆るところはきっちりと括ってました。


エンターテインメント。

そんな言葉がしっくりくるような作品。
スポンサーサイト

コメント

良い本を薦める友人ですね。

壬生義士伝共々、久しぶりに読みたくなってきたw

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。